① ジェルは爪のみに塗布すること 皮膚についた場合は速やかにふき取ること

② ジェルが皮膚につかないよう十分留意する

③ 塗布量は多すぎないよう最適な重合を行うこと
*LEDorUVライトのワット数に応じた施術時間を守り、定期的な点検をして出力チェックをする

④ エッジの先端/サイドラインもしっかり硬化させること(硬化不良はトラブルの原因となります)

⑤ ジェルはベース/カラー/トップ 溶剤など、統一してご使用ください

⑥ ライトの推奨 LED(405nm±5 36w)UV(365nm±5 36W)
*トリネではLEDを推奨しております

⑦ 爪などに異常が見られた際はすみやかにジェルを取り、皮膚科専門医による診察を受けてください

1プリパレーション

① 爪、皮膚の状態をチェック
季節や生活環境などで皮膚が乾燥していたり、
皮膚の薄い方には、過度なプリパレーションはしないよう
心がけましょう
② 爪の長さ、形をエメリーボードで整える
③ ルースキューティクルを丁寧に取り除く
④ 表面のツヤが消えるように
180Gのバッファーでサンディングを行う
(削りすぎに注意が必要)
⑤ ダストを取り除き、ワイプにプレップを含ませて
油分水分を除去する
1ベース

LED20秒 UV60秒
LED(405nm±5 36w)
UV(365nm±5 36W)
ジェルを筆にとり、順番に塗布し硬化
(塗り方参照)
1塗り方

①筆でジェルを取り、中心に置きます
②〜④両サイドに広げ、サイドラインを決めて先端まで
均一に伸ばす
⑤エッジを塗る
⑥〜⑨キューティクルラインを決めて先端まで均一に伸ばす
1カラー

LED20秒 UV60-120秒
トリネのカラージェルは少量で伸びが良く
発色に優れているため塗布量が多いと硬化不良につながる場合があります。(厚さの基準値0.1mm)
詳しくはこちらでご確認下さい
白、黒、茶、黄色、緑など硬化時間を長めにしてください
(特にUVライト)

ジェルを筆にとり、順番に塗布し硬化
(塗り方参照)
塗布量の目安

適量
other

多い
other

1トップジェル/EXT/ノンワイプ

list
ジェルを筆にとり、順番に塗布し硬化
(塗り方参照)
エッジの部分も硬化させてください
爪の状態に応じて使い分けてください